フロートデッキ 特徴とメリット

フロートデッキ

特徴

床面にローラコンベヤを敷設し、昇降台を、そのローラコンベヤの搬送面よりも低くなるように配置したもので、この昇降台を上昇させて、上段の荷棚となし、ローラコンベヤを下段の荷棚となすようにした二段式収納装置。

メリット

昇降台を上昇させると、これが上段の荷棚となって荷室が上下二段仕切られる、従って荷室の延べ床面積が2倍にまで広がり、積み重ねや積み重ね数が規制される荷物についても、収納効率を高めることができる。

また、下段の荷棚になるローラコンベヤを共用して、上段の荷棚の荷物の出し入れもするので、装置の簡素化、コスト低減、作業者の作業負担の軽減、出し入れの能率向上なども図られる。

このほか、昇降台を降下させると荷室の仕切が無くなるため、大きな荷物も収納規制を受けない。

装置実例写真及び仕様状況写真

※このタイプはタイヤ運搬車両の為、特別に両壁にローラー架装をしてあります。

デッキが、ローラコンベアの搬送面よりも低く設置されています。

上昇限度位置以内であれば、どの位置で止めても走行可能です。

昇降限度位置には、リミットスイッチで自動的に止まります。(荷物位置による自動停止制御装置は、オプションです。)

上昇終点位置以前に、荷物を積載したまま、どの位置で止めて走行していただいても支障ありません。
注)当社積載量設定値範囲内。

タイトルとURLをコピーしました